前へ
次へ

夏場日焼けしてしまったときのスキンケア方法

紫外線がきつい季節、日焼け止めクリームや日傘などで対策をしていても野外で日焼けしてしまうことがあります。肌がピリピリするときは、紫外線のダメージを受けている証拠です。そんなときはいつもよりも念入りに、スキンケアを行わなければいけません。まず肌がピリピリしていたなら、熱湯での洗顔は控えましょう。シャワーを顔に当てるのも、刺激になるのでやめたほうが良いです。洗顔やクレンジングは、冷たすぎない水かぬるま湯でそっと行います。洗顔後は素早く化粧水や乳液を付けて、皮膚の乾燥を防ぎます。日焼けしているときは尚更乾燥しやすいので、保湿クリームや美容クリームなども塗ると良いでしょう。ただし、美容パックはしないほうが安心です。紫外線を受けた肌は、シミもできやすくなります。抗酸化作用の高いオリーブオイルやリコピンを含むトマトをしっかり食べることも、日焼け後のスキンケアにつながります。睡眠もしっかり取って、肌のターンオーバーを促しましょう。

Page Top